早漏の原因は?

公開日: 

早漏に原因はあるのか?

初体験の時に気づいたら早く射精してしまった。

最初は初体験だから、みんなも同じだろうな、、、、、。

と思って思っている君。

それは、そうろうだね。

そして、物事には、理由、原因があるといっておく。

早漏の原因は大きくわけて2つあると言われてるんだよね。

心理的な原因

1つめが、心因性のもの。

つまり、精神的なものからくる、心理的な側面が原因となる場合。

そもそも、前提として、「性行為の際に女性のほうが性的満足を得るのが遅いため、男性側が自然に任せて射精した場合は早漏となってしまう。」これを頭にいれておかねばならない。

すなわち、性行為に不慣れな場合は、男性側が自分の性欲をうまくコントロールできないため、早漏におちいりやすいということだ。

この傾向は若い男性に多くみられる。

理由として、性向の経験が少なく、射精が早い傾向が強いとよく一般的に言われている。

中高年の男性ならわかると思うが、若い男性はとにかく経験をつむことだ。

結論として、心理的要素として、性交への不安やストレス、疲労などが要因となり、射精がコントロールできずに、早漏の現象がでてしまうこと。

身体的な要因

身体的な要因は文字通り、身体に何らかの原因があり、早漏となってしまうことだ。

頭に入れておかねばならないのが、「性機能障害の内、30%は早漏を訴えている。」

これはEDとかの性機能障害がある人の中には「そうろう」であることが多いということ。

では、具体的に身体的な原因とはなんなのか?

包茎による刺激への過敏。

身体的な要因の多くがこの包茎が原因だ。

何せ、日本人の7割が包茎だと言われているからな。

これは、皮が剥けている男性に比べて、刺激に対して慣れていないからだ。

こんな経験ないか?

パンツとペニスが擦れるだけで、更新して、勃起してしまった経験が・・・・・・笑

笑いごとではないぞ。

これは明らかな早漏だ!!

よく覚えておくように「包茎は早漏の敵だ。」

そして、包茎以外にも、「慢性尿道炎、前立腺の慢性的な炎症など器質的な疾患が見られる場合。」

自覚症状のある男性はすぐに病院にいきなさい。

そうろうが改善する可能性もある。

まとめるが、早漏の原因は「身体的な要因」と「心理的な要因」の二つに分けることができる。

心理的な要因は、性交の経験、場数を踏むことにより、乗り越えることができる。

しかし、身体的な要因は、自分の力ではどうにもならない場合があるが、最初にすべきステップとして、自分が包茎なのか、どうか?をチェックしないさい。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑